ごきげんな こるく NO/2

 管理人こるくがゴキゲンになることの日記。 震災の体験の記録も書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最近


うー、久しぶりの更新になってしまった。
皆様 お元気ですか?

最近 やたらと忙しくしていて(別に何があったわけでもないのだけれど)
ブログを書く余裕がなかったです。

余裕・・・


時間的にも 体力的にもかな。
体調は 良かった。むしろ、良くなったと思う。
だけど 体力の余裕はないって 意味わからんね。

これといって変わらず 毎日 家事に、子供達の事に追われる日々だったのだけれど
お天気が良くなったせいか いろいろ買い物に出かけたり
冬物の整理、晴れ間を見ては 布団を干したり。。。

パタパタと毎日動いていると 自然に夜はあくびが出るようになり
お弁当の下ごしらえが終わる頃には 居眠り状態で
以前のように 夜ふかしがきつくなりました。
まぁ、健康的で 良いことかしら。




書きたいことは いろいろあって
通りかかった道や 建物の
写真は時々撮っておいたんだけど。

次 時間を作って UPすると気には その写真のこと書きたい。



もう 早いもので5月も終わりです。

今まで、季節が巡る度に 「昨年と比べる」ことなんてしなかったけれど
やはり、今年はどうしても それをやってしまうわけで。

昨年の今頃は まだ 避難状態だった自分たちですが
家族みんな 昨年とはガラリと生活環境が良くなり 自分の進むべき、やるべきことに
毎日精一杯頑張っています。


本当に 幸福な 5月を終えましたね。






スポンサーサイト

ジャンル : 育児
テーマ : 日々のつぶやき

[ 2012/05/31 15:47 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

カーネーション

3月の、終業式ころだったでしょうか。
るーくんが、小学校から 花の苗を頂いて 持ち帰ってきました。



その花は、カーネーションでした。

DSC_0107.jpg


持ち帰ったころは まだ小さな小さなつぼみでしたが、今はこんなに綺麗に咲いています。
ほんとうは、もっと大きめなプランターに植えなおしたほうがいいのでしょうが、
頂いたポットのまま、ちょうどサイズの合ったプラスチックケースに入れて
台所の日当たりのいい場所に置いて お水をあげていました。

DSC_0108.jpg

今まで何かといろんな物をご支援いただいてきましたが、
私は どこから届いたものなのかがとっても気になる方です。


この花は・・・苗は どこからきたの?

るーくんに聞いても「どこかからの支援物資なんだって」ってしか言わないし!
ちゃんと聞いてきてよね。



疑問を抱き始め、 ポットにさしてあった名札を手掛かりに
このお花の苗の作られた会社のHPを覗いてみました。

DSC_0109.jpg

ジャパンアグリバイオ株式会社
http://www.japanagribio.co.jp/

こちらのサイトを見ていたら
ホームページでは、
ツリーになっているNEWSコーナーのような所にちっさく載ってました。
なんて、謙虚なのでしょうか。

【報告】東日本大震災復興活動に協力させていただきました【2012.3.23】


そして、そのリンク先に進むと・・

すると、今度は別の会社のサイトへ。

カタログショッピングでおなじみのディノスのホームページでした!

東日本大震災 復興支援「東北に春をお届けします」
http://www.dinos.co.jp/ecoii/hana/index.html

どうやら、企画はディノスが行なってくれていたようです。

東日本大震災 復興支援「東北に春をお届けします」
上記の会社は、この企画に協賛してくださっていたのでした。

以下、ディノスHPより 一部引用です↓

~「東北に春をお届けします。」
この取り組みは、お買い物を通じお客様とともにできる復興支援活動の一環として
売り上げの一部と、ディノスからの寄付を合わせて、
2012年の3月、東北の生産者様から購入する花の苗を、
被災地の学校、幼稚園、保育園などにプレゼントするものです。~

この「被災地の学校、幼稚園、保育園」
に今回、宮城県岩沼市と石巻市が支援を受けたのでした。

そして、たくさんの花の苗を 直接 幼稚園などに届けて 
一緒に植える活動もして下さっているようでした。

石巻の場合は、教育委員会経由で各学校に配られ、
そこから 各家庭に渡ったという訳だったのです。


~ディノスHPでは たくさんの皆様にご協力いただき、
12,000鉢を東北にお届けすることになりました。~とあります。

これだけの数は、なかなか大変なものですよね・・・。

苗は、東北の生産者:プティパルク高田様
(岩手県陸前高田市)にて大切に育てていただいたものなのだそうです。
素晴らしいです。高田市で苗になったお花だったんだね。
同じく壊滅的被害があった陸前高田市。
お互いに頑張ろうってことになりますものね。


寄贈先コーディネート協力は、
国際環境NGO FoE Japan   http://www.foejapan.org/


FoE Japan は、地球規模での環境問題に取り組む国際環境NGO
なのだそうです。

今回もまた、こういった支援を受けてから 
たくさんの団体を知る無知な私でございますが

こうして たくさんのかたの手がかかって我が家にやってきたのかと
思うと それだけでも
感動的です。おおげさかな。




カーネーションといえば、なんたる偶然でしょう。
今年も母の日がやってくるじゃないですか。

昨年は、叔父さんの御宅の迷惑にならないように
カーネーション一輪とかすみ草ひと房を空き瓶に飾って 
ちょっとだけ母の日気分を味わってもらったんだっけ。

あーねえちゃんが、学校からの支援物資で 私に
カーネーション一輪を貰ってきてくれたっけなー。
(はっ、このカーネーションはどこから・・・・?!)

このときは、正直、「母の日」どころじゃなかったけれど
その一輪の花にどんなにか 癒されただろうか。。。


心からそう 思いました。




母の日に感謝の気持ちを送る相手がいる私は 

なんて幸福者なのであろう。

今まではそんなこと みじんも思わなかったくせにね。

震災を経験して
母親を失った子供達や 友人を思っては 私は同じ時間、同じ場所に居たのに
母を失わずにすんだのですから
本当に 幸福者なんだと おもうのです。


でも、今年は 母が秋田に出張中?!なので 感謝の言葉は直接は言えないけれど。

念を送ります(笑)。

帰ってきたら たくさんお土産話を聴きながら 感謝の気持ちを込めて

たくさん笑顔を見せたいと思う。



支援して頂いた カーネーションは 大切に大切に 育てます!



東北に、少しでも明るい笑顔が増えたなら・・・と、

願い、奮闘して 届けてくれた方々の気持ちに

心から感謝して・・・。

ありがとうございます。


お陰様で 笑顔になれました(*´∀`*)







ジャンル : その他
テーマ : 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~

[ 2012/05/12 02:51 ] 被災地の今 | TB(0) | CM(4)

回復の兆し!


おかげさまで、るーくんの風邪の具合が 少しずつ良くなってきました!

昨日、なんで あんな記事を書いてしまったのだろう?と、今になって思うほど

すっごい悩んで考えて 心配していたのに

今は 熱が なんと、36.7度まで下がり、クークーと寝ています。

本当によかったよぉ゚(゚´Д`゚)゚


今日は、午前中に病院に行った時はまだ 38度手前まで熱もあったのですが
だんだんに熱が下がり、お昼ご飯の食べ方がちょっと元気モードになっていたんで
おっ!とは思っていたのです。

すると いつもは 熱が39度まで上昇する魔の15時台に突入しても 熱は37・6。

おお、もしかして・・・と思っていたら

そのもしかしてで。

夕方も順調に下がり 今日は解熱剤も一回も飲まずにすみ、

夕飯もまぁまぁ食べれて テレビも見れて とまぁ、だいぶ体が楽になったようです。

今日、病院でもう5日分の薬の追加と 解熱剤も10回分も出してもらったのに、なんだったんだ。

ドクターも、受付の方も、みなさん心配してくださっていました。

なにはともあれ

ひとやま越えました~!!


私が あまりに動揺して ブログに書いちゃったからみなさんに
ご心配かけちゃいました。ごめんなさい~(;^ω^)

結局、ただの風邪だったけれど重症だったよー。

ものすごいウイルスだったのかなぁ。。。

るーくんも よく 頑張ったよ。

明日、また 熱が上がりませんように・・・!!






ジャンル : 育児
テーマ : 小学生の子育て♪

[ 2012/05/11 02:11 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

心配事。

るーくんが、4日の午後、
友達と遊んでいたら
「かあちゃん、なんだか熱っぽい」
というので測ると38.6!
すぐ友達に帰ってもらって当番医へ。

一晩中熱が高い状態だったので翌日も
別の当番医へ。
インフルエンザの検査もして、結果は陰性でした。

寝込み連休となっていましたが…

インフルじゃないって事で
そのうち熱も下がるだろうと思っていました。

でも、いまだに熱が下がる気配がないんです。

月曜に朝イチでかかりつけの病院へ行き、そこでもインフル検査は陰性…。

一通り風邪薬をもらいました。

この日はわりと元気があったから、このまま良くなるかな~なんて思っていたら、
午後からぐんぐん熱もが上がて40度!

病院に電話して もう一度診察してもらい、レントゲンも撮ってもらって
血液検査と尿検査もしました。

いずれも異常はなし…。

なのに、今日になっても夕方からまた熱が39度まで上がるし、今もうなされています。

明日(今日)も病院へ行ってみますが、
こんなに高熱が出ては、解熱剤で下がり…を繰り返す
「ただの風邪」
って あるのかなぁ…。

抗生剤も効いていないってことだよね。

もう1週間なってしまうよ~

心配です。

早く良くなりますように…。
[ 2012/05/10 02:22 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

春の嵐


みなさんのお住まいの地域はお天気いかがですか?

こちらは、今日は朝から雨、風が強く吹いています。

夕方からだんだんと雨が強くなってきました。


どうか 早く雨が止んでほしいです。
風も とっても強いです。
友達の住んでる地域で 停電になったと連絡がありました。

もう、停電はこりごりです!


近くの運河(堀)が あふれてきそうです。

家の前の道路も震災で地盤沈下してしまったので 川のようになっています。
このままだと、家の浄化槽も隠れてしまうと 
トイレも流せなくなってしまいます。。。

宮城の各地で「土砂災害警報」が発令されています。

あーねえちゃんの友達も、部活の帰り
電車は動いたのに バスが止まっている?!とのこと。

女川方面に帰宅するのに 道路に水が冠水していて
バスが運休になってしまったようです。。。
JR代行バスなのに。

彼女は 膝まで浸かって 家まで歩いたそうです・・・!


みんな、今夜を無事に 乗り切れますように。

つい 先日まで とってもいい天気で サクラも咲いていたのにな。



自然とともに 上手に共存していかなければならないのは
わかっていますが

震災が起きてからは 日本というのは 常に こういったことと隣り合わせというか。
そんな気がしてなりません。

「恵みの雨」という言葉があるくらい
時として 生物たちの命の源にもなる雨、風、雪・・・自然現象だけれど

これらから身を守れる、安心していられる家にも住んでいるのだけれど

やはり 恐い です。

これ以上、何か あったら と思わずにはいられません。


どうか 無事に 春の嵐よ、去って下さい・・・






ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごとのようなもの

[ 2012/05/03 21:25 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

修復にむかって~その2。


家に大工さんが入った。
そこで一番先に行われたのが壁をはがす作業。


壁のなかに 侵入した津波の跡はどうなっているのだろう。
ということと、電気の配線が全くアウトになっているので
なおすためである。


P1000406.jpg




みごとに 断熱材はぐっしょり濡れていて もう暖かくなってきているので
所によっては カビが発生していました。

そして、この 壁板の格子の一段一段、全てに またもやヘドロ。。。


P1000405.jpg





↓台所。
シンク台も全て撤去です・・・。シンクのステンレス部分以外は
もろくも、カビが発生。底が抜けてしまいました。
ついでに 吊り戸棚、換気扇、みんなリニューアルすることになりました。

P1000407.jpg

↓震災発生すぐのころの だいたい同じアングルの台所。
数ヶ月で まさか こんなふうに 修繕できるなんて夢にも思わなかった。

P1000280.jpg






工務店が決まったのが6月ころ。 着工したのが7月。
大工さん、暑い暑い 猛暑の中での作業なのに 急ピッチでやってくれました。
でも、材料がなくて 時々 おやすみの日もありました。

はやく 我が家に戻りたい ジッチ、バッパは もどかしい気持ちで
叔父さんの家で暮らし
この間も 叔父さんの家から 通ってきて 工事を見守りました。



P1000409.jpg



引越した私たちは、旦那の実家での暮らしに慣れること、子供達の送り迎え・・・
そんな日々で なかなか こちらには来れなかったけれど
時々、送り迎えのついでに寄ってみては 工事の様子を伺っていました。

P1000408.jpg

工事のことも、結局は 親まかせになってしまい
申し訳ない気持ちやら、急に二人(叔父さん含め3人)になってさみしい思いをしていないか
いろいろ かんがえてしまった。


本当に 複雑な気持ちだった。

まだまだ 置きっぱなしにしていた 自分たちの荷物もあり
洗浄や片付けにも 来たかったけれど 
なかなか 来ることができず
自分は 何をやっているんだろう。

そんな 気持ちの毎日だった。




両親は もう、一刻もはやくここに帰りたかった。
少しの希望が、気持ちを焦らせたけれど、
もう少しの辛抱だから、と 頑張った。

私も、両親がここに戻ってくれれば 安心だと思った。

家は 確実に 修復へとむかっていた。


けれど私の心は傷をえぐられるような毎日だった。

私も、ここに 一刻も早く 帰りたかった。


今更、旦那の実家を出れるのだろうか・・・そんな葛藤が心の中で始まっていた。


ジャンル : その他
テーマ : 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~

[ 2012/05/03 01:52 ] 震災の記録 | TB(1) | CM(0)

修復にむかって。


しばらくぶりで
震災の記録・・・。
前回は
私たち5人家族が お父さんの実家に引越して、
私の実家の両親が 家を修復して住むことを決断したところまで書きました。

今回は 家の修復、リフォームの事を書きたいと思います。

うちの場合は、本当に運よく 大工さんを紹介していただいて
わりとすぐに着工に入ったことが 本当に恵まれていたことだった。
そして、市の計画案が チラホラと噂されるようになっていたが、
「高盛土の道路が建設される」と。
でも、その道路がどこを通るかは まだ わからなかったけれど
うちの場合は、たぶん それにも引っ掛からない確率が高かったので
余計に 早く リフォームに取りかかれた。

が、その前に。

まだ家をリフォームするか決断する前に (私たちも引越しする前に)

ジッチやお父さん、で 床はがしをした。
GWに帰省した兄も剥がすのを手伝ってくれた。

始めは、床下がどうなっちゃってんだ?!ってことで
ジッチがバールで 床板を剥がしてみたのだった。

DSC_0115.jpg



すると、床下の断熱材がタプタプに水を含んでいて
断熱材を支えていた薄いベニヤ板は ベロベロと剥がれてしまっている状態だった。
(築35年程なので 断熱材は いまどきの発砲スチロールのようなものではなく
昔ながらの黄色い綿のようなものです)

DSC_0116.jpg

↓がんばれー、お父さん!

築年数はいってるわりに 床板はしっかりくっついていて 剥がすのも
一苦労の様子だった。
DSC_0117.jpg


剥がしてみて びっくり。いや、やっぱり?
床下はヘドロが敷き詰められていました。。。

DSC_0118.jpg


床を剥がしては ゴミを袋に入れ
ヘドロを手作業で取り除く・・・

しばらく その作業が続きました。

P1000404.jpg

私は さすがに 床剥がしはできなかったので ヘドロ取り作業をしたのですが
「瓦せんべい」みたいな、生チョコレートみたいな?
そんな状態に乾いてきていたので 軍手をして 直接手で取り除きました。


そして、家の前には どんどん震災ゴミが増えていくばかり。。。

DSC_0113.jpg


市の方で委託した業者が 一軒ずつ回って 重機で震災ゴミの回収にきてくれた。
やっと来てくれたのは 5月の半ばころだったと思う。

DSC_0114.jpg


家がこんな感じの状態で 私たちは引越したのだ・・・。

すごく 後ろ髪をひかれる思いだったのは覚えてる。


ジャンル : その他
テーマ : 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~

[ 2012/05/01 02:33 ] 震災の記録 | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。