ごきげんな こるく NO/2

 管理人こるくがゴキゲンになることの日記。 震災の体験の記録も書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

只今、内職真っ最中。

ここでも ちらほらと書いておりましたが
うちのお姉ちゃんたちの高校の吹奏楽部の定期演奏会が10月8日にあります。

昨年は 行える会場がなかったために 学校の体育館での実施でしたが
今年は 隣町の東松島市のコミュニティセンターで行える運びとなりました。
この定演で あーねえちゃんはいよいよ引退です。

お姉ちゃんたちの高校は 吹奏楽が盛んで、数年前までは7~80名もの部員が居たのが当たり前だったのに
高校の縮小に加え だんだんと部員は少なくなり
震災の影響で さらに 毎日の練習に対応できない部員たちが辞めてしまい
結局は現在 40数名という状態。

ここ十数年間の伝統も どのように守り抜いていけばよいのか 試行錯誤のようであります。

顧問の先生も変わり 大変だろうけれど
今は、その定演に向けて練習を頑張っています。

定演といえば
様々な工夫をこらした演出があるのですが

演奏に合わせて ダンスを踊ってみたり カラオケしてみたり
ブラックライト劇をしたり。
(今年は会場が手狭なのでブラックライトはできないそう・・。泣)
ポップスステージでは みんなの知ってる曲を演奏するのですが
その時には みんな コスプレをします。
なんだかわかんないけど これが みんなの一番気合いの入っている所。。。
(学校に家政科コースがあるから?裁縫とかみんな好きなのかしら?ただ単に若いから?)

楽器のパートごとにそれぞれ好きな格好に変装するのですが
今年は トロンボーンは「ピーターパンとティンカーベル」なんだそうで。
(ここで 堂々とネタばらししていいものか?ま、いいか。)

さーねえちゃんは ファゴットをやっているのですが
ダブルリードパートで(オーボエとかと一緒)「あかずきん」になるそうです。


でね。

この高校の吹奏楽部は 先輩が率先して後輩の面倒を見るならわしになっておりまして。
まぁ。
一言でいうと 3年生が大変なんだわ。
先日の合宿でのBBQでも、あーねえちゃんはほとんど焼きに徹し、
さーねえちゃんは食うに徹したと話してました。

そんなわけで

さーねえちゃんは先輩が決めてくれたコスプレ案に「はいっ!」と笑顔で返事をしていればいいし、
布やらそのほかの準備も 面倒見のいい先輩方がやってくれるのだそうで。
制作も先輩まかせって感じです。

そして あーねえちゃんは もちろん同じパートの子たちと一緒に考えて
パートは4名。ピーターパンとティンカーベルに2人ずつ分かれ、うち3年生2名も一人ずつバレたわけです。
で、ティンクの担当になった3年生のあーねえちゃん。
衣装制作のためひたすら布地を探したり 練習終りに閉店間際のイオンに駆け込む日々。

だらしがないくせに わりと強気な性格の彼女。
そして変にまじめだから「3年がやらなきゃないんだから お母さんは黙ってて!」

あっそう。黙ってますよーだ。

でも、型紙も作らないで バンバン布地を切ってしまったりして大丈夫か?!
私は 「助けて!」と言われたら手を出したり口出したりしようと思って
ずっと見守っていたのですが、

やはり いくら授業で被服製作をやったことがあるにしても 一人では限界がある様子。

だんだんと「ここは どうしたらいいかな・・・?」と相談してくれるようになって。

それが だんだんとエスカレート?して ミシンが津波で駄目になったので

「やっぱり、手縫いはしんどいよ~、ねえ、お父さん~♡」と、
お父さんに猫なで声を出して

「しょうがないなー♡」と許可をもらい

なぜか私がヤフオクで安く中古のミシンをゲットし、これまた迅速な対応だったためにすぐに送っていただき

彼女はティンクの服の部分を制作することに。

かんたんにできるように新聞紙で大まかな型紙を作るヒントをあげると 意気揚々と制作です。

(失敗した布代はお母さん持ちー!)

すると今度は 「ねぇ、ティンクの羽って買ったら高いかな・・?」

「えー?買わなくてもいいじゃん。針金とかでなんとかなるんじゃないの?」
と、画像とか検索しまくり

「えーなんか、やることいっぱいありすぎて 頭が混乱してきた~」

「じゃぁ、こういう風にやってみればって感じで 試作品を作ってみよっか?」と

私がちょっとやってみたところ 

「すごーい!すごーい!ありがとう、お母さん。」

って、おだてられたもんだから

「んじゃぁ、いろいろ大変そうだから 羽は お母さんがやる?」

・・・って言ってしまったのですよね~あはは。

というわけで 羽の部分はお母さん(わたし)が担当するということになりまして
最近出来上がったのがこれ

DSC_0283.jpg

ちょーシンプルですが、ティンカーベルの羽に見えるかな?
(不安でみんなに見てもらってる。)

ホームセンターで安く買ってきた園芸用の針金で形を作って
だいそーで200円で売っていたカーテンをひたすらまつりまつりまつり・・・縫い。

だいそーで売ってたポンポンとレースをつけて 
画像だとわからないけど銀色キラキララメマニキュアを塗って完成です。
あとは これに ゴムバンドか何かをつけて
背負う形にしようかなと 考えています。

つーか、トロンボーンって肩に担ぐよね。邪魔になんないのか?! 羽。




靴も、たまたま緑のレインシューズを490円で見つけたので 
すぐに学校で練習中の彼女に写メール。

そして
私が購入するという・・・。
(あとで請求するからねー!!)




結局、親がかりじゃん!!っていうね。


つーか、なまじか 嫌いじゃない分 楽しかったりして。



結局、後輩の家もミシンもないし大変そうなので 
もうひとり分作ることになっちゃったあーねえちゃん。


あ、羽も もう一つですね。

かしこまりました~。




スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 中高生の親

[ 2012/09/20 15:29 ] 子供の成長 | TB(0) | CM(2)

祝!夢へ向かって。


この夏。ある所へ あーねえちゃんとお出かけ。
ドリンクを注文することになり、カプチーノをオーダー。
すると、素敵なバリスタが カウンター越しに入れてくれて
香りを楽しみながら 出来上がりを待っていると・・・





素敵でしょ?

この夏 初体験しました。

田舎の石巻には こんなふうにデザインカプチーノを楽しめるカフェなんざ
ありません。

たぶん・・・私の知る限りではね。



夏休み お盆も終わりのころ、
あーねえちゃんの希望する 調理製菓専門学校のオープンキャンパスに行ったときのことです。

そう。専門学校で ごちそうになってきました!

子供たちは 各コースごとに体験調理実習も経験できたのですが

そのほかにも プロの先生方が作ってくださった
お料理をビッフェ式でごちそうになり(うまかった~!料理は撮れなかった)

そして デザートやコーヒーもたくさんごちそうになってきました。
この学校はカフェコースもあるので ドリンクの設備も充実しています。
そんな学校のソムリエやらバリスタやら
様々な資格をお持ちの先生の入れて下さった カプチーノは 格別においしかったです。

でも、ちょっと緊張しました。

やはり 娘の希望する学校ですから、そそうがあってはいけません。



・・・・初めてのこんなに素敵なカプチーノ。

スプーンやお砂糖もついていたけれど
どうやって飲んでいいかも よくわからなかったけど
そのまま しずか~に口にしました。

ミルクが口の中でほわほわにとろけて それでいて コーヒーの味はしっかりしてて。


くぅ~! いい経験させて いただきました。

ありがとうございます!

学校はとても雰囲気はよく明るい。実習室などは使い込まれているのに
整然と整理整頓されていて 清潔感が漂っていました。
「職業訓練学校」っていうキリリとした印象。
生徒たちには 本物を惜しげもなく使わせて 体に叩き込むといった感じ。
悪くない・・いや、むしろいい印象しか なかったです。
せっかくお金を払って通わせるのです。ビシバシ鍛えてほしい、そう思いました。
本人も、この学校の厳しさも知った上で 受験したいとのこと。


それで・・・。

この学校をさっそく8月のAO入試で受験したあーねえちゃん。


なんとか 合格 しました~!!


ま、専門学校なので そんなに難しい受験ではないのですが やはり決まるまで心配でした。

製菓衛生士コースを1年間だけしか 通わせてあげられないけれど(だって学費高いんだもん)
それでも頑張って行きたいというので応援したいと思います。


振り返ってみれば
小さいころから 一緒によくクッキーを焼いたりはしたのですが(私も好きだから)
でも、彼女の方がハマっちゃって。

どんどん お菓子作りが大好きになったんです。
中2の職場体験でも 学校の近所のケーキ屋さんへ。

そのままパティシエへの夢は膨らみましたが
震災があってから 就職の道も考えました。

でも、私たち親も なりたいものがあるのにあきらめては欲しくありません。
何より 応援したいと思ったのは
あーねえちゃんの夢が ぶれなかったことでした。

もちろん、多少は「やっぱりこっちの学校もいいな」とか「ショップ店員もいいな~」
「ブライダルコースもいいなぁ」とか迷いはありました。

そうやって 迷いながらも結論を出し 彼女が話してくれた言葉はこうでした。

「震災の時、お菓子は二の次だったし、食べたいって思わなかった。
だけど、配給のおにぎりばかり食べていたころに ふいに手に入った甘くてかわいいお菓子を食べて
幸せな気持ちになったんだ。おおげさかもしれないけど 生きててよかったって思った。
やっぱり、わたしは お菓子は人を幸せに、笑顔にできるものだと思うから
それを作る人になりたい。
できれば 大きなお店とかホテルとかじゃなく 誰でも楽しめるように
身近なお店で働きたい。」

そこまで具体的に理想の自分を考えていて 夢・・というか、目標になっているんだ。

そう思ったら 私なんて 何もできず。
応援するしか ありません。


仙台まで 高速バスで毎日通うの・・・朝早いぞ~!大変だ。

JRさま。
一日も早い 鉄道の復旧をよろしくお願い致します~!!




来春からは この専門学校で

このカプチーノに合う お菓子を作っているのかな・・・




と、いうか 今は テスト期間真っ最中の彼女。
そして 今月中には 本出願用の書類を提出しなければなりません!

そして、吹奏楽部最後の定期演奏会も10月8日に迫ってきています。
(まだ部活やってたのよ~)


まだまだやることいっぱいある~!!


けど




夢に向かって がんばれー!!








ジャンル : 学校・教育
テーマ : 中高生の親

[ 2012/09/19 00:49 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

残暑きびしくも・・・


すっかり ブログまで夏休みになっておりました。

みなさま 暑い暑い夏 どのようにお過ごしでしたか?


こるくといえば 夏休みは なにがあったか あまり覚えていないほど

なぜか忙しかったです。

やはり 初めての経験が多かった夏休みだったので

いろいろと勉強になった 夏 でした。

初めての経験というのは

高校3年生の娘がいる夏休みってことです。

オープンキャンパスやら、AO入試やら、専門学校へバスで足しげく通いました・・・。

そして 8月25日、AO試験を受けてきました!


それから、じっちが一週間ほどですが 入院ということもありました。

たいしたことのない 外科の手の手術を受けるための入院だったのですが

彼は、このかた病気ひとつせずに元気な70歳なので

入院はほぼ初めて状態でした。

男の人が入院するって、面倒くさいです!着替えとか いろいろ。

それに じっちは 不良親父なので

すぐ たばこを吸いに駐車場に行く~、病院のパジャマは着ないー、

腕につけるバーコードの「わっか」は勝手に取っちゃうし。

やれやれでした・・・・。

ま、それだけ 元気だったということですが。


・・・人ごみ苦手だなんて言っていられない 夏でした。

子供会活動もたくさん充実していたので いそがしかったです。

あるいみ、苦手から 少し 「普通」位になれたかもしれません。

そのくらい 外に出ることが多かったです。





もう少しで あーねえちゃんの 希望の学校から 結果報告が郵送される予定です。

毎日 胃が痛いですが

心配しても仕方ないので 笑顔で まだまだ暑い夏?秋?を乗り切ろう~と思います。


とりあえず

近況報告でした!


[ 2012/09/10 00:30 ] 日記 | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。