ごきげんな こるく NO/2

 管理人こるくがゴキゲンになることの日記。 震災の体験の記録も書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

母校・・・解体だって。

先日、写真をUPした 私が通っていた高校の話。

『母校探索へ行く』


昨日の夕方のローカルニュースで たまたま知りました!

なんと、12月には 解体作業に入る事になっているのだそうです・・・。


昨日、現在の在校生が「お別れ会」をしている様子がニュースになっていました。

正門を入り ガラスの割れたままの昇降口前にみな並んで 代表の子が感謝の手紙を読んでいました。

校舎に花束をささげていました。

昇降口前の時計は、津波が来た時間で止まってしまっているそうです。

地震発生から 約1時間ほど  15時45分ころを指しています。

前にUPした画像にも映っています。

3.11当日は学校は休みとはいえ

当時の在校生は 残念ながら5名 犠牲になってしまったそうです。

犠牲になった生徒のお母さんが遺影を持って参加していました。

震災当時1年生だったそうです。

あーねえちゃんと 同い年。



そのお母さん、遺影を持って 彼女の友人たちと 校舎前で記念撮影してました。

お母さんが みんなと一緒に参加してくれてよかった。






他にも、生徒たちが 教室の中に入り
黒板に思い思いの言葉を書き残している映像が流れました。

先生も、温かく見守って ちゃんとお別れしなさいと話していました。




生徒たちは ちゃんと お別れできたかな。

つらい思い たくさんしたよね。

今も 仮設校舎だし。

そうそう。思えば、震災後すぐは

3学年がバラバラになっちゃったんですよね。

各学年ごとに 石巻の様々な高校に間借りさせてもらって。

そして 数ヵ月後、仮設校舎が完成して 3学年そろったんですよね。

その時は みんなで助け合いというか。

そういう状況でさえも、やるしかない!って感じで。

今は 冷静に どうにかなんなかったのかと思うけれど。

うーん。でも、あの時の最良な方法だったのですよね。




でも、女子高生って、たくましいって言うか 明るいっていうか。

笑い飛ばしちゃってる感じが この高校の生徒っぽくて。






ず~~~~っと前に卒業した 私が

ぐちぐち寂しいとか 言ってらんないね!


解体することが一番の方法ならば 仕方のないことなのですよね。


でも、言わずにはいられない。


津波は残酷だ。



ひどいこと するよね。










スポンサーサイト

ジャンル : その他
テーマ : 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~

[ 2012/10/27 09:33 ] 被災地の今 | TB(0) | CM(4)

震度5弱!!!


久しぶりに大きな地震。

怖かった。本当に怖かった。

私、たまたま 台所の電気がつかなくなって 

ホームセンターに蛍光灯を買いに行ってたところであの地震。

本当に びっくりして

広い通路で 店員さんと 低姿勢でいました。

出入口に近い人は みな 外へ出ていました。

ホームセンターって、物が多いから

音がすごかった。

軽くて縦長いもの、立てかけてあるようなものは(カーテンレールとか)

バラバラと倒れていたけれど

さほど 被害もなく。たぶん、いろんな対策はしてあるのだろうけれど。

しばらくして落ち着いたので

蛍光灯を購入して とばして家に帰った。

るーくんとあーねえちゃん、二人で留守番だったから。

揺れた瞬間から一緒に居たそう。すぐテレビつけたと話してました。

家も大丈夫だった。ちょっと食器が倒れた程度。


忘れたころにやってくる・・・・。



非常持ち出し袋、確認しておかなきゃね!!



ジャンル : 日記
テーマ : 今日の出来事。

[ 2012/10/26 23:40 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

無花果


秋の香りがしてくるころ 大好きないちじくが お店に並びます。

先日 とある新聞記事を読んでいた時のこと。

コラムに書いてあったその方。

震災後から 確か、横浜から石巻に移住されて復興のお仕事をなさっているのですが

その方のお話によると

石巻に来て 初めて いちじくのコンポートを食べたのだそうです。

そしてその後 スーパーで、

生食用じゃない いちじくを発見したのだそうです。


2012-10-24-22-02-36_deco.jpg
画像のは 洗ってヘタを取ってありますが。

生食用はもっと 皮も赤っぽく身も大きいですよね。

でも、逆に私は いちじくと言えば この 青い小さめないちじくしか知らず。

ごく最近になって 生食用いちじくも スーパーに並ぶようになりました。

それで初めて生食用のいちじくを知った私・・・。

この、木になっているのを採ってきた感 ムンムンのいちじく。

全国共通だと思っていたんだけど

どうなんでしょう。。。




もう、時期も終わりに近づいてきたせいか

昨日 近所のあいのや(八百屋のような激安スーパー)で 1㎏399円になっていたので
これは 2つ買いでしょう!とお買い上げ。

普段は680円~780円はします。



さっそく、コンポート?甘露煮?

う~ん、ようは 「いちじくの煮だやづ」を作りました。 作ったてか、煮ただけだけど。

このへんじゃ、いちじくを食べる=煮たやつなんだけどね。

おしゃれに「ワイン煮」なんかもあるそうですよ。





我が家では 三温糖を使います
たっぷりまぶして

DSC_0314.jpg




火にかけると いちじくから 水分が出てきます!
焦がさないように はじめは中火位で一気に 水分を出します。

2012-10-24-23-15-52_deco.jpg





少しずつ 火を弱くして 煮詰めます。
私は 仕上げに レモン汁を少し入れます。
なんとなく 味がしまるような気がするので。

2012-10-24-23-17-06_deco.jpg




我が家では みんな大好き。女性陣は特に・・・!
実は、さーねーちゃんは見た目でずっと敬遠していたのですが
昨年から突然いちじくにハマり、
作っておくと 必ずお弁当に別タッパーで持っていきます。
毎日、毎日。
相当好きみたい。



完成!
冷やして食べると おいしいよ~♪ 
今の時期限定のお楽しみです。


2012-10-24-23-42-55_deco.jpg


さーねえちゃんにふと、「もうすぐ食べられなくなるよ」って言ったら

絶叫していました\(゜ロ\)\(゜ロ\)\(゜ロ\)



高校生にもなって、こういう旬も知らないんだね(汗)ちゃんと教えなきゃなぁ。


みなさんの地域では いちじく って どう食べてますか??




ジャンル : 結婚・家庭生活
テーマ : 簡単おいしいレシピ

[ 2012/10/25 09:55 ] 日記 | TB(0) | CM(5)

こたつ


こちら石巻、日々着々と
朝晩の涼しさが 寒さに変っております。

本当にこの夏の暑さってなんだったんでしょうか。

秋めいてきたなと思っていたら

ここ数日は 扇風機を見ると違和感を感じずにはいられず 物置にしまいました。


じっちばっぱも一緒に住んでますからね。

早めにファンヒーターも出しちゃいました。

つーか、ついでですね。

朝早い時間などは なかなか 活躍。





それから暖房器具といえば こたつ。



昨年購入した 省スペースタイプのこたつ掛け布団。

某大型家具センター、ニ○リで購入したのですが
ボアの部分が 毛玉が尋常じゃない位についてしまい
白かったのに黒くなってしまった。
洗濯しても色がちょっとよくなっただけ。

で、今年は 初めて ネットでカバーを探して購入してみました。

それが ちょうど 日曜日に届いて。

日中は暑いくらいにいい天気。

掃除と布団干し日和だったので 思いきって こたつセットを干して

冬使用に模様替えしました。

昼間は、みんな 「え~、暑いよぉ。まだ早いんじゃない?」なんて言ってたけれど

そう言ってた人たちに限って 夜は

「こたつっていいよね~」とまぁ、こたつから出ない出ない。


でも、布団だけセットして

まだコンセントはつけてません。

なんか、線をつないじゃうと みんな バチバチスイッチ入れそう。

ヒーターをつけるほどじゃなくても

膝元に掛けるものがあるというだけでも 暖かさ、心地よさが違うような。




今年も いよいよ 寒い冬が始まります。

仮設住宅の水道管が凍ったりと 大変だった冬。

この夏は 冬に向けて対策をしっかり行っていただけたと聴きますが・・・。

仮設とはいえ、まだまだ 新しい入居先が決まらない方々がたくさんいますし

行政も仮設入居期間を2年間ではなく3年間の延長を早々と発表しています。

不便な思いのないよう しっかり 東北仕様の仮設住宅に進化していることを願います!




ジャンル : 結婚・家庭生活
テーマ : 幸せなひととき

[ 2012/10/23 01:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

母校探索へ行く。



私が卒業した高校は 石巻の市街地から魚市場方向に向かう
国道沿いにあった 湊、渡波方面にあった女子高でした。



私はあまり高校時代はまじめに授業を受けるタイプじゃなかったし
アルバイトに明け暮れたそんな高校生だった。

でも、いまだに覚えている高校の思い出のひとつ。


学校の近くには海水浴場があり 学校の裏手も砂浜があった。

学校の校庭の奥の方にあるフェンスについた扉を開けて進むと
松林と繋がっていて 

自然にできたのか、誰かが作ったのかわからないけれど

松林には人が歩ける小道ができていて

そこをずっと海岸方面に歩いて行くと ぱっと松林を抜け

大きな道路に出る。

大きな道路を渡ると 防波堤があって 防波堤には階段がついていて。


その階段を上って 砂浜へ出て クラスのみんなで清掃活動をした思い出がある。

いつも学年末の時期に 「何かいいことしよう」と言って 分散会をやった後に
海岸へゴミ拾いに行くのが 毎年の恒例行事だったな。

そんな、海に近い学校だから

震災の後は 実際に見るまでもなく きっと大きく被災したんだろうと思っていた。


そして、想像は当たり、現在は高台にある 娘たちの高校の敷地内に仮設校舎が建ち

生徒たちは そこで過ごしている。

震災の前から この石巻市立の高校2校は 統合される予定だったけれど

結局 震災によって これも 急ピッチに進まざるを得ない感じもする。

先日、具体的な統合案、新しい名前までも決定した。




自分の娘たちの学校によその学校の仮設がたっているわけで

目につかないわけはなく。

それが しかも 自分の母校ですから。


自分の目で一度 母校はどうなってしまっているのか確かめたくて 

夏休みに入る前に見に行ってきた。



行きは 石の森漫画館の近くを通っていったのだが

そこの交差点歩道橋には 津波到達点の標識があった

DSC_0209.jpg

DSC_0210.jpg




こんなに高いところまで 津波は襲ってきたんだ。






学校に着く。

学校の向かい側の 国道沿いにあったお店も家も みな取り壊されていた。

その、不自然な空き地に車を止めて

ブログにUPするか迷いながらも 写真を撮ってきた。


ぱっと見は 変りなかったんだけど

DSC_0217.jpg



よーく見ると 一階の部分は壊滅的で。窓ガラスも割れたままでした。

DSC_0218.jpg

校舎から横にあった 校庭側を見れば工事関係者のプレハブが建っていて
DSC_0219.jpg

ここは石巻市立の高校ってことは ようは 石巻市の土地なわけですから
校庭はがれき置き場になっているわけです。
DSC_0222.jpg


DSC_0214.jpg


裏の海岸から 校舎をのみこんで 国道に流れ込んだ津波の爪痕は
そのまんまだった。
DSC_0221.jpg


帰りは日和大橋を通ってきた。

まだ撤去される前のくじらの缶詰。

これが目の前に現れると ドキッとする。

DSC_0223.jpg

運転しながら パチリは危ないけれど
思わず撮らずにはいられない
海岸沿いにあった 公園に積まれた がれきの山・・・

DSC_0227.jpg


子供たちが小さいころ、よくここの公園に連れてきたのにな。

震災から1年半ころの写真。

なにか、前進しているように感じることが多くなってきた 気がしていた。

少しずつ片付いてはいるんだけれど

実は まだまだ なんにも片付いていない 石巻。


私の通学した母校は このまま どうなっていくんだろう。

ここに 夢をはせて入学した今の在校生たちの心は いくばかりなのだろう。




でも、こうやって 感情に浸ってばかりはいられない。

思い出は心の中にちゃんとある。

それさえも 流されてはいないから 

一人ひとりの心の中に 必ずあるよね。





ジャンル : その他
テーマ : 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~

[ 2012/10/18 15:57 ] 被災地の今 | TB(0) | CM(8)

心がぽかぽかするニュース


先日、「ありがとうの大合唱」を企画してくださった
絆プロジェクトの曽根さんのFace Bookを見ていたら この本のことが取り上げてありました。


心がぽかぽかするニュース HAPPY NEWS 2011心がぽかぽかするニュース HAPPY NEWS 2011
(2012/07/12)
日本新聞協会

商品詳細を見る



「ありがとうの大合唱」が行われる記事が この本にも掲載されていたとのことで
その記事のページだけでも見たくて 購入してしまいました。

はじめは それだけのつもりだったのですが
この本の中におさめられている 新聞記事の数々は 私の心を本当にぽかぽかにしてくれました。

うーん、本当にぽかぽかっていうかというと ウソになるかな。

涙なしでは読めないものばかりで ちょっと つらくなったり。

でも 私も頑張らなきゃ ってはげまされたり。


2011年に新聞記事になったものを、推薦者の感想も添えて載っているものなのですが
やはり、震災関係の記事が圧倒的に多く
はじめは どうせね。やっぱりね。って感じで読んでいたんです。

でも 読み続けると 新聞でしか得られないインパクトのある写真があったり、
その推薦者の方の感想にジーンときたりして。

悲しい出来事を乗り越えて頑張っていたあの頃のことが 鮮明に思い出されました。

震災自体は全然HAPPY NEWSではないのだけれど
その中で生きてゆく姿。
助け合う姿。
子供たちの笑顔。
苦しい中でも
「普通」であることが 心を豊かにしてくれているのだと また痛感しました。

わたしは 石巻にいるから 様々な支援を受けた側ですが

改めて ライフラインの普及に全国から応援に駆けつけてくださったことなどが、
この本の中の記事によって知ることになり 心底ありがたいと思いました。


手にする機会があれば チェックしてみてください。

お勧めです。



ジャンル : その他
テーマ : 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~

[ 2012/10/12 01:19 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

定期演奏会



無事に終わりました。

終わった…。

なんか、寂しいけど。。。



あーねえちゃん

3年間、お疲れ様でした!!

いや、吹奏楽と携わって9年ですね。

厳しい毎日の練習は高校に入ってから。




今日の演奏会は
このメンバーで最後のステージ。

心がほっこり、あたたかくなった
演奏会でした。

人は音で感動したり
励まされたりするんだね。

その真っ直ぐな
素直な音たちに

心が満たされました。

みんな、本当にありがとう。

みんなの心を一つにした音色は

忘れないよ。

ありがとう。


そして
お疲れ様でした!!


ゆっくり休んでね。



[ 2012/10/09 01:23 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

石巻に生まれ育って暮らしていても


震災によって 最大の被災地となってしまった 石巻市。

私自身も まさか 被災者になるとは思いもよりませんでした。

でも、ここでも 何回も話しているかもしれませんが

私は 住まいを転々としつつも 震災前に住んでいた家、しかも実家に帰宅でき、

今では 震災前とほとんど変わらない生活を送ることができています。


ただ、

歩く街並みは 爪痕が大きく ぐにゃり曲がったガードレールはそのままだったり

隣家は取り壊され 草がぼうぼうに生い茂っていたり

がれきの山が そちこちにあったり

仮設住宅で不便な生活を送っている方々も大勢いらしゃって。




『石巻に住んでいる者として

あの時 被災した経験を通して

なにかできることが あるのではないか。』

そう奮起して 頑張って 様々な活動をしている方がたくさんいます。


私は そういった方々を心から尊敬します。



遠方から来て下さっているボランティアの方々にも頭が下がります。

自分の住んでいる街なのに 私は がれきの片づけひとつ したことないのです。

他県からのボランティアさんたちでは 通うだけでは見えてこないと

こっちに移住してきて 活動したり元気を分けてくれている方々もいます。


石巻に生まれ育ち 暮らしている私は

この石巻のために 何か しなければならないと思うのです。


だけど

私は 何もしていない。

日々の自分のことしか考えていない。

「みんなに知ってもらいたい、こんなに怖いことだから 防災意識を高く持ってほしい」とか

偉そうなこと ここで書いていたけれど

実はそんなことは 誰の役にもたたなくて

ただの自己満足なんですよね。

まぁ、それでも 何もしないよりはいのかもしれないけれど。



人と比べたら きっと 自分がみじめになるだけ。


そんなこと わかっているのに。


今の自分が 役立たずに思えてならないのです。

せっかく生かされた命なのに  なにか しなくちゃと わかっているのに

行動に移せない。

どうしたいのかが自分でもわからない。



私は今 仕事をしたいと考えているのですが

ただただ パートに出るのじゃなく なにか 復興の役に立てる仕事につきたい

そんなことも考えました。

でもすぐ 今の石巻では どんな職種であっても 
復興の担い手になれると思いなおしましたが・・・。

でも、

仕事に出たいと考えていても  それさえも できない。

日々 毎日をぐうたら過ごし

「調子が悪いから」とか そんなふうに

なにかのせいにする 自分が 情けない。

自分の家の物置の中でさえ まだまだ 片付いていないのです。



なにやってんだろう わたし。

はやく 片づけて きれいにしなきゃいけないのに。

やることたくさんあるじゃない。


石巻の復興のために 様々な形で活動している方々を見ると 

被災者面して いばっているみたいで 申し訳なく思ってしまうのです。



本当にすごいと思うのと同時に


自分は何をやっているのだろう。。。


しっかりしろ!自分の生活、家族のこともちゃんとしなきゃだめだろ!

もう、暑さは言い訳にできないぞ!物置を片付けなさい!

こんなんじゃ 世間に出て仕事だって勤まるわけないぞ!


様々な活動をしている方々に

ちゃんと仕事をしたり 生活をしているひとに

笑われているような気がしてなりません。



震災うんぬん関係なく これは 私自身の問題か?









ジャンル : 日記
テーマ : なんとなく書きたいこと。。

[ 2012/10/03 01:01 ] 日記 | TB(0) | CM(11)

台風 また 避難勧告…




家の前…

この写真は9月2日、夕方に集中的な強い雨が降った日のものです。
元々低めで、水はけが悪かったけど
地震でさらに地盤沈下してしまい、
近所の雨水がこの道に集まってきているような、そんな感じです。

このあたりは
避難勧告もないですが…。

眠れない夜になりそうです。



川の近くや海の近くの地域のには
避難勧告が出ています。
みんな、
気をつけて…!!



台風が来るたびに こんなふうに
避難ばかりじゃ…。

石巻、なおすところ 多すぎなんだよね。きっと。



[ 2012/10/01 00:22 ] 日記 | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。