ごきげんな こるく NO/2

 管理人こるくがゴキゲンになることの日記。 震災の体験の記録も書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3.11~あれから2年

あれから 2年たちました。

石巻はどれだけ 復興できたでしょう。


私は 今日。

相も変わらぬ生活を
送る事ができました。

当たり前の 生活を大切に。

そして これからを 考えて。

黙祷では やはり 涙が出たけれど

だいぶ 去年よりもさらに普通になった証。

心の復興のスピードは

人それぞれ。

みな 違う立場で もがいています。




先日、3月1日に無事にあーねーちゃんが高校を卒業しました。

その時
最後のホームルームで担任の先生が仰っていた言葉。

あなた方は
否応なしに、どこへ旅立っても
「石巻で被災した」ことは宿命として
背負わなければならない。と。

震災によって、大きく生活環境が変わった子。
進みたい進路を諦めざるをえなかった子。
大きく傷ついて塞ぎこんでしまった子。

震災によって、逆に、進路を見つけ出した子。

やりたいことを実行する子。

学校や部活動を頑張った子。


この、ひとつの小さな高校をとって見ただけでもそう。

一人一人が違う。


今日は
そんな、それぞれの進む道や
心の復興について

ものすごく考えた日でした。


自分なりに石巻の復興に
なにか役に立てる日を信じて。




犠牲になってしまった方々のぶんまで
一生懸命
生きなければならないと

痛感する
一日でした。
スポンサーサイト
[ 2013/03/11 17:59 ] 日記 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。