ごきげんな こるく NO/2

 管理人こるくがゴキゲンになることの日記。 震災の体験の記録も書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3.11~あれから3年


今日はるーくんと一緒に
がんばろう石巻の所へ行き
手を合わせてきました。



ろうそくの灯籠のようなもので
3.11の文字が作られていました。

次々と手を合わせる方々が来ていました。

この街に住んでいた方は、節目のこの日に家の跡地で過ごす方もいる様でした。
人影があちらこちらに見えました。

回りには、テレビ局の報道陣もいました。




俗に言う3年目、というのは
ひとつの区切りとして考えられる年月ですが

石巻の復興はまだまだ、区切りは見えて来ません。
でも、街はだいぶ片付いた様に思います。
取り壊されて、そこに何があったのか
わからないくらい
閑散としている場所では
片付いた…というよりは
津波に何もかも持って行かれた
寂しさが漂っています。

自宅が堤防道路整備の区域になってしまった友人は
先日、ようやく
新しい移転先が決まりました。

そこは市が新しく区画整備している
復興住宅地なのだが、
家の着工は来年からになるらしいです。


心に傷を負った人は
年月を重ねれば重ねる程、その傷は
より深いものになっている様な気がします。

私自身は
この3年間は
あっという間で
無我夢中で
日常を過ごすことで精一杯だった
…の一言です。

心の片隅にあったあの当時の辛い記憶は
やはり、年月が経つにつれ
はっきりしてきます。

いつもいつも震災の辛い事ばかり考えているわけではないけれど

年月が癒してくれる事ばかりではないんだという事を初めて知った気がします。

色褪せる前に色濃くなる時間がある…という感じでしょうか。


地元や東北地方はまだまだ
震災の事は現在進行形ですが

もう、他の場所では風化しているのだろうと思う。
メディアも
こうした節目の日にしか
取り上げてもらえない気がします。

別にいつもいつも思ってなくてもいいけど
忘れないでいて欲しいと思う。



14:46

静かに家で黙祷をしました。

溢れ出る涙。

あの時にタイムスリップしたかのような
サイレンの音。


一年目の黙祷の時に、私は泣けた事で
一歩前進できたと感じる事ができました。

普通に泣けなかったから。

三年目の今日の黙祷は
純粋に亡くなった方々への追悼の思いと

私はこの三年間で何かできただろうかと
不甲斐ない気持ちでいっぱいになり
涙が溢れました。

頑張っていかなくちゃ。

1日、1日を大切に

生きる。

改めて、そう思った3年目の3.11でした。

スポンサーサイト
[ 2014/03/11 15:31 ] 被災地の今 | TB(0) | CM(6)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。