FC2ブログ

ごきげんな こるく NO/2

 管理人こるくがゴキゲンになることの日記。 震災の体験の記録も書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

石巻に生まれ育って暮らしていても


震災によって 最大の被災地となってしまった 石巻市。

私自身も まさか 被災者になるとは思いもよりませんでした。

でも、ここでも 何回も話しているかもしれませんが

私は 住まいを転々としつつも 震災前に住んでいた家、しかも実家に帰宅でき、

今では 震災前とほとんど変わらない生活を送ることができています。


ただ、

歩く街並みは 爪痕が大きく ぐにゃり曲がったガードレールはそのままだったり

隣家は取り壊され 草がぼうぼうに生い茂っていたり

がれきの山が そちこちにあったり

仮設住宅で不便な生活を送っている方々も大勢いらしゃって。




『石巻に住んでいる者として

あの時 被災した経験を通して

なにかできることが あるのではないか。』

そう奮起して 頑張って 様々な活動をしている方がたくさんいます。


私は そういった方々を心から尊敬します。



遠方から来て下さっているボランティアの方々にも頭が下がります。

自分の住んでいる街なのに 私は がれきの片づけひとつ したことないのです。

他県からのボランティアさんたちでは 通うだけでは見えてこないと

こっちに移住してきて 活動したり元気を分けてくれている方々もいます。


石巻に生まれ育ち 暮らしている私は

この石巻のために 何か しなければならないと思うのです。


だけど

私は 何もしていない。

日々の自分のことしか考えていない。

「みんなに知ってもらいたい、こんなに怖いことだから 防災意識を高く持ってほしい」とか

偉そうなこと ここで書いていたけれど

実はそんなことは 誰の役にもたたなくて

ただの自己満足なんですよね。

まぁ、それでも 何もしないよりはいのかもしれないけれど。



人と比べたら きっと 自分がみじめになるだけ。


そんなこと わかっているのに。


今の自分が 役立たずに思えてならないのです。

せっかく生かされた命なのに  なにか しなくちゃと わかっているのに

行動に移せない。

どうしたいのかが自分でもわからない。



私は今 仕事をしたいと考えているのですが

ただただ パートに出るのじゃなく なにか 復興の役に立てる仕事につきたい

そんなことも考えました。

でもすぐ 今の石巻では どんな職種であっても 
復興の担い手になれると思いなおしましたが・・・。

でも、

仕事に出たいと考えていても  それさえも できない。

日々 毎日をぐうたら過ごし

「調子が悪いから」とか そんなふうに

なにかのせいにする 自分が 情けない。

自分の家の物置の中でさえ まだまだ 片付いていないのです。



なにやってんだろう わたし。

はやく 片づけて きれいにしなきゃいけないのに。

やることたくさんあるじゃない。


石巻の復興のために 様々な形で活動している方々を見ると 

被災者面して いばっているみたいで 申し訳なく思ってしまうのです。



本当にすごいと思うのと同時に


自分は何をやっているのだろう。。。


しっかりしろ!自分の生活、家族のこともちゃんとしなきゃだめだろ!

もう、暑さは言い訳にできないぞ!物置を片付けなさい!

こんなんじゃ 世間に出て仕事だって勤まるわけないぞ!


様々な活動をしている方々に

ちゃんと仕事をしたり 生活をしているひとに

笑われているような気がしてなりません。



震災うんぬん関係なく これは 私自身の問題か?









関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : 日記
テーマ : なんとなく書きたいこと。。

[ 2012/10/03 01:01 ] 日記 | TB(0) | CM(11)
”焦ると軒下の犬のしっぽも見えないよ~”
これは、とある漫画の中で、焦りすぎるとどう考えても
見つからないはずないようなことも
(屋根の上から犬の尻尾がぶら下がってても!?)
見つからないよって意味で言われてた台詞だけど…。

まず、自分!なんだと思いますよ。
自分が安定しなくちゃ。 根っこがあっての花ですよ。
焦らない焦らない
急がない急がない
一休み一休み

お師匠さんの歌にね
♪ 走り疲れたら お歩き
 歩き疲れたら お休み
 やがて休み疲れたなら
 どうせまた走りたくなるさ ♪
って、ありましたよ。^^
[ 2012/10/03 09:26 ] [ 編集 ]
史さんへ
励ましてくれて ありがとう。

とくにね、がっくし落ち込んでるわけでもなく
でも 何か 悶々と考え事ばかりな最近なんです。

テレビやネットで見た 様々なことを活動している方に感銘を受けたり 感動したり 。
私も何かやらなくちゃ!!って
そう思う程に苦しくなるのです。

自分のこともままならない私。
まずは
自分のこと、自分のまわりのことを
精一杯やる。

それが 第一歩に繋がればいいのだけど。

…ワタシは焦っていたのか。
焦ってたんだね。
そう思えた途端に涙が出てきました。
ほっとしたのかな。

素敵な歌詞を教えてくれてありがとう。
疲れてんのかな。
いや、疲れる程に何もしてないけどね(汗)。
でも…
心を休ませたら また いろいろ見えてくるかな。
[ 2012/10/03 11:25 ] [ 編集 ]
たぶん
自己満足ということではみんな同じ。
ボランティアなんて、最大の自己満足です。
ボランティアさんたち自身が
皆、口を揃えて自己満足だからと
おっしゃいます。
ボランティアなんて所詮は自己満足。
おのれのための行動ですよ!
私自身、何も満足なことは出来ていないと思っています。
何も出来ていない。
やるべきことは何もやらないで
日々流されていると感じています。
どうすれば、納得のいく『生きる』を感じられるのか
欲張りなのでしょうか?


>テレビやネットで見た 様々なことを活動している方に感銘を
>受けたり 感動したり 。 私も何かやらなくちゃ!!って
>そう思う程に苦しくなるのです。

これも、私も同じ。
だからたぶん、大多数の人が同じ焦燥感を感じるのでしょう。
だって、ネットやテレビはそう感じるように作っているんだもん。(笑)
だから大丈夫!
ネットやテレビでキラキラ輝いている人たちだって
ウラでは、同じような焦燥感を抱いていますよー!
だって、人間だもん。
焦りや憧れや、全ての欲望が無くなってしまったら
それは仏様だから
人間は様々な煩悩を抱えているからこそ
人間なんだと思います。
(あ、私は宗教家ではありません!)

こるくさん
被災地石巻で毎日を送っていることだけで
素晴らしいじゃないですか。
お仕事も、仕事に就きたいとの想いを忘れなければ
きっと時が巡り会わせてくれますよー!
[ 2012/10/03 11:55 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/10/03 13:31 ] [ 編集 ]
今度は、こるくさんの番です!!
ご無沙汰しております!
最近、いやな揺れが続きますね…警戒です!

こるくさんが投稿して下さった、震災の記録。漫画制作が始められました。私達の記録は、漫画化され、既に700冊超、全国に発信されています。今度は、こるくさんの番です!!

遅れてしまいましたが、1冊、お送りしたいと思いますので。。。のちほど、メールしますね。
[ 2012/10/03 19:42 ] [ 編集 ]
すみません! 何度も。
上の中山さんのコメントを拝見してひとこと。
こるくさんの投稿が漫画になるのですね!
被災地から遠く離れた私たちには
大きなメディアから発信された美化された情報しか
入りません。
その中で、ありのままの体験を教えて下さることは
何より大切なことと思います。
投稿して下さっていたんですね!
私が言うのも変なのですが、どうもありがとう!
漫画が出来上がることをとても楽しみにしています。
[ 2012/10/03 22:37 ] [ 編集 ]
Huranaさんへ
お久しぶりです。コメントたくさん書いてくれてありがとうございます。

焦ったり もがいたり いろんなことを乗り越えて
「人生」なんだろうな。。。
人間なんだものね。
何もないわけはなく。
Huranaさんの言葉にそんなことを思えました。
ボランティアしている方々のことも 本当に尊敬します。
自己満足っておっしゃってくださるけれど
やはり こちらに来る気持ちや行動力もなければできないこと。

でも、そう言っていただけると ちょっぴり 救われる気もします。
みな、同じように何かしら 被災地のことを
考えて苦しんで焦って・・・って思っているのかな。
わたしは閉じこもってばかりいるから
みんなが当たり前にできることでも できないことがあるから、
だから 余計に周りの人たちはちゃんと生きているのにって
考えて 焦ってしまいます。
ちゃんと生きなきゃって。

そして、ボランティア活動や他の活動を頑張ってくださっている方々に対して
絶対に慣れっこになりたくはないのです。
やってもらって当たり前になってはだめだし、感謝の気持ちも忘れてきている人も多いのが現状なんです。
いつかは 石巻市民が自立しなければならないのですから、自立への支援へと形も変わってゆくのですよね。

でもね。これだけ大きな災害に遭ってしまったことも
今までになかったことだから 
誰もが初めての経験だから
みな 冷静じゃなかったり、苦しかったり 時には判断をまちがえたり。
前に進むスピードは 違ってあたりまえなんですよね。
私は進んだり下がったりのワンツーパンチの繰り返しですが。。。

そうそう。
中山さんとは やはり この震災をきっかけにブログで知り合って。
私がブログでUPした給食の話を ぜひ寄稿していただけませんか・・・と声をかけていただいたんです。
身に余る光栄なこと。協力できるのならば 私も参加したくて
お願いしました。
自らはなにもしてないんだけど
こうして 縁あって 中山さんの活動にちょっぴり参加させていただけて ありがたい限りなんです。

こうして考えれば ここに私の体験を書いたり 考えを書くことも
無駄ではなかったのですよね。
中山さんとの出会い、Huranaさんとの出会いに感謝しなくては。
こちらこそ、ありがとう。
[ 2012/10/04 01:29 ] [ 編集 ]
鍵コメさんへ
コメント書いてくれてありがとうございます。
すっごく 救われました。
元気出たよ。
[ 2012/10/04 01:34 ] [ 編集 ]
中山さんへ
お久しぶりです。コメントありがとうございます。

> 最近、いやな揺れが続きますね…警戒です!
本当ですね、今日の夜のは怖かったですね。

・・・今度はわたしの番なんですか。
そんな風に このタイミングで言っていただけるとは 本当にうれしいです。
お役に立てているかの実感はわかないのですが
少しでも活動の手助けになれていればいいです。

第一弾もとても好評のようですごいじゃないですか!700冊超だなんて。

私も購入したいと思っていたのですが連絡もしないですみません。
中山さんはまだお子さんも小さいのに
よく頑張っていらっしゃるなぁと尊敬します。
きっとお人柄も素敵な方なのでしょうね。
↑Huranaさんからお礼言われちゃいましたよ~。

中山さんのように頑張っている方が あまりにも 私にはまぶしくて
まっすぐに見れない時があったりするんです。
それは 私が 臆病なだけなんで(汗)
中山さんは気にせず ご自分のペースで頑張ってくださいね!
メール待ってます。
[ 2012/10/04 01:59 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/10/21 20:55 ] [ 編集 ]
10/21の鍵コメさんへ
コメント ありがとうございました。
とてもうれしかったし、
このブログに被災した経験を書いてきてよかったのかなと
思えました。
少しでも こちらの現実を皆さんに知ってもらえるなら
こんなに嬉しいことはありません。
本当に ありがとうございます。

わたしももっと自分に自信が持てるようにがんばろう。
[ 2012/10/22 17:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。