ごきげんな こるく NO/2

 管理人こるくがゴキゲンになることの日記。 震災の体験の記録も書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人間は忘れる生き物だから。


先日、震度4の地震が2回もあり 本当にびびりました。

あんなにも怖い思いをした大きな揺れを経験したことを ちょっと忘れかけているんじゃないかなと

思うこのごろ。


朝方の一回目は 大きな地鳴りの音で 目が覚めて 

わぁーくるかも!!って思った瞬間から揺れ始め、

揺れている間 なぜか 隣に寝ている るーくんの頭を手で押さえていました。

午前中にあった地震の時にも 大きな地鳴りの音。

このときの揺れは わりと短く感じました。

3.11の後は 震度4程度の余震なんて ほぼ毎日 一日何回もありましたから

その頃は 怖いという思いよりは またか!という思いの方が強かった。

けれど

こうして 年月が経つと 忘れてしまうのですね。

怖さも その、またか って思うほどの 変な慣れた感覚も。



今回は1日に2回も大きめな地震があったので 食糧や水、懐中電灯のチェックをしました。

もう 使うことのないことを 願いつつ・・・。


ずっとずっと前に 地元の新聞に載っていた記事。
新聞社の記者の方がその時折のニュースについて書いている欄のものです。
私はこの記事が心に響いたので 切り抜いていました。

それを ここに書きたいと思います。

日付は6月12日。34年前、宮城県沖地震が発生した日付の新聞です。

私は 幼少期に経験したこのときの地震も覚えています。
夕方、父と一緒に家の外で花を眺めている時でした。
前の家のブロック塀は目の前に倒れてきて 自分が巻き込まれる思いをしたことや
道路、電柱や電線が波打っていたこと。
夜はろうそくの明かりの中 過ごしたこと。

そして 6月12日というと 決まって 避難訓練の日でした。
学校ではもちろん、就職した先でも訓練しました。
きっと、この日は 宮城県民にとって 防災の日 として定着していたものでした。

その後も、この日だけではなく 宮城では大きな地震が繰り返されていたのに。
大津波の想定だけは できなかったのだろうか。
津波を抜きに考えても やはり 何度となくあった地震を 教訓として本当に行かせてきたのだろうか。
なんとなく そう思うことがあったんです。

この記事を見て あらためて はっとさせられました。



~人間の忘れっぽさは「3」という数字が鍵だという。飽きてしまうのは「三日坊主」の言葉通り3日。
被災の様なつらい経験でも3カ月で記憶が薄れ、3年ではだいぶ忘れてしまう。

個人と比べて長持ちする組織でも30年で風化する。「失敗学」の畑村洋太郎東大名誉教授が著書に書いている。
東日本大震災の33年前に起きた
宮城県沖地震(1978年6月12日)の記憶も、どこか頭の隅っこに追いやられていた。

宮城県沖地震発生時に陣頭指揮を執ったのは、故 山本壮一郎知事だった。
情報通信の途絶、ライフラインの遮断・・・。都市化が地震の被害を拡大させる現実を目の当たりにして
がくぜんとする。

「効率や便利さに目を奪われ、安全性という人間にとって大事な価値を忘れると、とんでもない目に遭う」。
講演会などを通じて迅速な情報提供や各家庭での備え、地質の再調査を訴えた。

文明が進めば進むほど、天災による損害が累進していくという皮肉な結果。残念ながら、山本さんの警告は
生かされないまま、震災でも被害を助長させる結果となった。

人間が忘れるのは前向きに生きるための知恵でもあるが、災害の「健忘症」は大惨事を招く。
都市型地震の原点だった宮城県沖地震から、学ぶべき教訓は少なくない。~

2012.6.12  河北新報 河北春秋より。


人間は 忘れてしまう生き物。

だから、だからこそ 

上手に残していく方法はないだろうかと 思う 今日この頃。




関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/11/26 09:36 ] 被災地の今 | TB(0) | CM(8)
のどもと過ぎれば… です、私も。
3歩歩くとす~~~ぐ忘れちゃう。
確かにそれだと同じ過ちを繰り返してしまうわけですが…。

でも、心が痛くて耐えられないようなことを
もし、ずっと覚えてしまっていたら、人は生きていけない、たぶん。

弊害でもあり、財産でもありますなぁ。
都合よく覚えていたり、忘れてしまったり出来ればいいのにね。
(その逆はよくやっちゃうんだけどな、私 σ(^^;))
[ 2012/11/26 13:08 ] [ 編集 ]
史さんへ
史さんのおっしゃる様に
心が痛くて耐えられないような事を
ずっと同じ様に抱えていたら 生きていけない。

でも、被災地では 忘れていいのかさえ悩む事もたくさんあって。
それは 仲間の死だったりすると 苦しい。
だから速度は
人それぞれでいいと思う。
でも、私自身がした怖い思いは もう忘れてしまって
て、たまに話題になると
改めて怖かったと思う。
その時はあまりに夢中で、怖いとも思わなかったのに。

また 災害が起こった時に どんな状況下になるかわかんないけど
私たちが経験したあの日の事、
時々 話題にすることだけでも 一歩なんだよね。
話題にすることを忘れないように…。
[ 2012/11/27 13:36 ] [ 編集 ]
「死」に関しての記憶が一番デリケートだと
私も思います。
忘れてしまいたいくらい辛いけど
忘れちゃったらいけない気もする。
あんまり辛すぎると、脳が自分で鍵掛けるっていうけど…

そうだね…
話題に… するのがたぶん、大事…
[ 2012/11/27 13:59 ] [ 編集 ]
史さんへ
きっと、先人たちもこうして
大変な災害が起こる度に
自然界の怖さを忘れてだめだよって
警笛を鳴らしてはいたのですよね。きっと。
昔昔じゃなくてもさ、
阪神淡路の時だって、奥尻島の時だって…。

それがね、叱られるかもしれないけど
どこか他人事だったんです。私。
だから、今、過去の私みたいな人に
知っておいて欲しいと願うのかな。
[ 2012/11/27 20:15 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/12/04 22:52 ] [ 編集 ]
鍵コメさんへ
書き込み歓迎です。
ありがとうございます!!
[ 2012/12/05 01:10 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/12/07 17:33 ] [ 編集 ]
鍵コメさんへ
ありがとうございます。
[ 2012/12/08 00:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。