ごきげんな こるく NO/2

 管理人こるくがゴキゲンになることの日記。 震災の体験の記録も書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ありがとう、ぴいちゃん。


子供たちの夏休みにかこつけて
さっぱりPCにむかうこともなく
忙しい夏をすごしておりました。

不器用極まりない、わたしのこの性格。




6月の末、まだまだ梅雨空だったころ。
ぴいちゃん(主人のおばあさん)が高齢で体調を崩し入院しました。

それから 毎日の病院通い。

延命治療はしない

それが 本人をはじめ
義父、義母 家族の意向でした。

日に日に衰えてはいくものの 頭ははっきりしていて

子供たちを連れていけばとても喜んでくれました。

そんな日々を過ごし 長い梅雨も明け、夏がやってきた頃

7月末に天国へ旅立ちました。
92歳の大往生です。

人の息を引き取る瞬間を 見届けたのは初めてのことで
それまでのぴいちゃんとの思い出が 頭を駆け巡って
悲しかった。

来週で四十九日。

まだ、そばにいてくれているのかな。

そしたら 一言 伝えたい。

ぴいちゃん、ありがとう。

私たち家族 みんな 元気だよ。




関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : 日記
テーマ : 伝えたいこと

[ 2013/09/06 23:40 ] 日記 | TB(0) | CM(2)
おばあさま、大事に思ってくれる人が側にいてくれて、
幸せな旅立ちだったのではないかと想像しています。

その眠りが、安らかでありますよう
お祈り申し上げます…。


もしかしたら、気に入っていただけるかな…
5月27日にUPしたお話。
物語の部屋に移したからそちらのURLを置いていきます。
(図々しいって笑ってやって)
http://kagamif.web.fc2.com/inochinouta.html
[ 2013/09/07 09:50 ] [ 編集 ]
史さんへ
お久しぶりです!コメントありがとうございます。

ぴいちゃんは子ども5人、孫14人、ひ孫20人に
恵まれ、みんなに見送ってもらいました。
高齢のお婆さんにしては今どき珍しいほど
立派な葬儀を義父はあげました。
やはり、ぴいちゃんの人柄なのでしょう。


物語の部屋に後ほどお邪魔しまーす♪

[ 2013/09/07 10:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。