FC2ブログ

ごきげんな こるく NO/2

 管理人こるくがゴキゲンになることの日記。 震災の体験の記録も書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ガレキの行方。

昨日 新聞の小さく載っていた記事だったけれど
ちょっと・・気になったことがありました。

石巻のガレキではないけれど、同じく津波で壊滅的被害を受けた街のガレキの処理を
東海地方の県で、一部受け入れることになっていたようなのだが
そこの住民グループから 「受け入れ反対」との声が上がり
署名もあつまり、それを受理されたとのニュースでした。

具体的にこれからどうなるのかは わからないけれど、
そういったことがあれば 絶対的に時間はかかる。


きっと だれだって 自分の街に環境の悪いことは率先してしたくはない。

でも どうやったって この大量の東北のガレキの量は
各自治体で自己処理していたら
何十年、いや 何百年分もの量で、いつまでかかるのか果てしない。

石巻は中心部はだいぶ片付きましたが、ただ、市が所有する少ない土地に
ガレキ置き場を作って、そこに集めただけ。
そしてようやく集められたガレキを ようやく選別作業等にとりかかった所。

ましてや、まだまだ 解体しなければならない建物や家屋は沢山あります。
それだって ぜんぜん進んでいません。
(こるくの家のおとなりさんも、昨日全て解体が終了しました)

ちょっと過疎部にそれると 更に輪をかけて まだまだ 片付けなんぞ終わっていません。
そして、漁師さんたちは操業を開始しても魚よりも
底引き網にかかるガレキの処理・・・。


公園は全て仮設住宅。ちょっと広い土地はガレキ置き場。
海浜公園はすべて ガレキ置き場。
埠頭の地元会社が貸し出した土地には流出した廃車の山。

壊滅的被害を受けて使えなくなった 我母校の市立高校の校庭もガレキ置き場。
現在市内の子供達が通う高校のすぐそばの市有地もガレキ置き場。
被災者感情、環境うんぬん言ってられないのが、被災地の現状。


すべて 受け入れてもらえなくてもいい。

みんな 「心は一つ、絆、被災地のために・・・」うんぬん語るなら

こういった 汚れ仕事?も ほんの少しでいいから手伝って欲しいと切に願います。
みんなの街にだって、震災ゴミはなくても 普通のゴミはあるでしょう?


実際に 女川町のガレキを東京で引き受けてくれた時の 搬送されるまでの検査たるや
ものすごい気の使い様でした。
放射線量も ちくいち測って コンテナ車両に運ばれてゆくガレキ。

そりゃ、自分たちの土地のゴミをよそ様の自治体で処理していただくのだから
そういった作業だって そうとうのエネルギーを使ってるのだろうと思う。



自分が逆の立場だったら 「反対」の署名をするのだろうか。
ちょっと柄にもなく こんな真面目なことを考えてしまいました。

もちろん、協力してくださっている自治体もあるのは わかっています。


でも、署名運動・・・

うーん。

悲しいかな、だれも責めることはできないのですよね。





関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : 日記
テーマ : みんなに知って貰いたい事

[ 2012/01/14 01:31 ] 被災地の今 | TB(0) | CM(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/01/14 13:56 ] [ 編集 ]
鍵コメさんへ

コメントありがとうございます。
ほんと、いい答えが見つかれば いいですね。。。
[ 2012/01/15 02:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。