ごきげんな こるく NO/2

 管理人こるくがゴキゲンになることの日記。 震災の体験の記録も書き始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

揺れる。~学校・家族

こるくの前のブログを閉じてしまう前に、あーねえちゃんの事は少しだけ書いていました。
遊びに来てくださるみなさんに、ブログでいろんな思いを発散したらどうか…など、たくさんの励ましやアドバイスをもらいました。

複雑な心境をブログに書き綴っていけば それはそれでよかったかもしれません。

でも、あの頃のあーねえちゃんとの日常では、私がパソコンに向かう数十分の時間も無かった様に思います。
時間はきっと作れない訳ではなく、私自身が あーねえちゃんから目を離すのが怖かったのかもしれません。

昨日書いた内容を少し掘り下げていきます。

とにかく、学校を休ませたのは 本人の「学校に行きたくない。ゆっくり休みたい。とにかく勉強や学校から距離を置きたい。そしてお母さんとの一緒の時間が欲しい」という意思と、
12月から休んで、「3学期からは学校に行くから」と言っていた事も、信じてみたかったという思いがありました。

が、
「いいよいいよ、ゆっくり休みな」
なんて、本当は簡単には決断できませんでした。
どうにかして 学校に行けないものか…勉強は遅れてしまう。
でも、私とのつながりを欲している…。
本当に悩みました。

担任の先生もマメに家に来てくれましたが やはり、もう中学生なんだし、通学しながらでも母親の愛情は感じられるのでは…
どうにか不登校にはならない 方向で、学年主任の先生に言われたのであろう御託を並べるばかりでした。
新人の先生だったので きっと先生も必死だったと思われますが。結局は、ご家庭の判断ですから…という事で、先生方には申し訳なかったですが、あーねえちゃんがそんなレベルじゃないって事だけは確信していたので、私たちの決断を通していただきました。

後に、子どもセンターの先生の診断等を話して、学校の先生方も理解、納得してくれました。
私たちもセンターの先生の「休んでもいいんだよ。行けたら行けばいい」という言葉に、ほっとしましたが。

家族の中での様々なトラブルは いろいろな形で現れはじめました。大きかった事では

同居している祖父母にとっては、『学校を休む』って事は怠け者のする事…の様に思ってしまったんですよね。まぁ、昔と今の子供は違うんだっていう事から始まり、心の病いもあるんだよ、と、納得いくまで説明をしました。
始めは 私が甘やかしている!と意見の相違はありましたが、なんとか理解してくれました。

ただ、家にいれば元気になってきていたので、祖父母、とくにおばあさんはイライラする事も多かった様です。勉強をする訳でもなく過ごしているのですから。もちろん、心配してくれての事なのですが。

あーねえちゃんが だんだんと明るくなってきて、お菓子作りを楽しんだりして 気分的にも落ち着いてきた頃…

急に、さーねえちゃんとの姉妹ケンカが絶えなくなりました。

さーねえちゃんは もちろん毎日学校に行っていて、わりと しっかりしていて、正義感も強い子です。多少の体調不良など あまり口にしない、元気で明るい(うるさい)子です。

さーねえちゃんは、学校で、授業の他にもブラスバンドの練習や、委員会の仕事などをこなして帰宅するわけです。
そこに、ゆっくりペースで毎日学校を休んでいる姉がいる。
イライラしてしまうのは当然の事だったんですよね。

さーねえちゃんには、きちんと話してあげなくては。
私もその時になって気付いてしまったんです。

「あーねえちゃんは 今、病気で休んでいるんだよ」

と話をしたら ケンカはなくなっていきました。

さーねえちゃんなりに複雑な心境だったんだよな…ズル休みしていると思ってしまう事もあったそうです。

るーくんは、何も聞かないし、あーねえちゃんが大好きだから いつも学校から帰ってくると居るのが嬉しかったみたいです。

でも、しばらく私たち(お父さん、私、るーくん)の寝室にあーねえちゃんも一緒に寝ていたのですが、あーねえちゃんが泣いて不安定な時は、るーくんも 何か感じとっていた様でした。
だからきっと、何も聞かなかったのでしょう。

そんなこんなで、私も予測できない状態だったので
あーねえちゃんは 家族の中でも孤立しているのでは…という不安を持ってしまった晩がありました。

「家族全員が あーねえちゃんの事を心配していて、早く元気になって欲しいと願っているんだよ。でも、頑張ってるのに頑張ってって言ったら、貴方が辛くなってしまうんだって事みんなにお母さんがちゃんと話したからね。安心してね。
家族全員が 貴方の事が大好きなんだよ…」
そう語りかけながら、眠りにつくまで 背中をさすり続けました。

「揺れる。」つづく…
関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : 育児
テーマ : 中学生のママ

[ 2008/11/09 01:28 ] 子供の成長 | TB(0) | CM(6)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/11/09 17:24 ] [ 編集 ]
秘密さんへ
コメントありがとうございました!
また 遊びにきてくださいね~☆

[ 2008/11/09 23:30 ] [ 編集 ]
おぉぉ。再開されているのに、遅れをとってしまいました。
ぜひぜひめげずにつづってください。こるくさんの1言1句に そうだ、そうだと励まされる方も全国にいらっしゃるはずです。
すぐにこちらのサイトにこれなくても、いずれ悩める方がこるくさんの記事を読みに来てくれるはずだから、ぜひぜひ少しづつ続けてくださいね。
[ 2008/11/10 21:49 ] [ 編集 ]
しーちゃんへ
ごぶさたしています!
こちらから 挨拶に行く間もなく来てくれて
すっごく嬉しいです!!

うん。ありがとう。いろんな意味で私の書くことが
いずれいろんな方に読んでもらって
すこしでも楽になってくれる人がいたら
嬉しいなぁ。
はじめたばかりで、まだまだマイペースだけど
これからも宜しくデス☆
[ 2008/11/11 23:07 ] [ 編集 ]
私もすっかりごぶさたしていました。
コメントをいただいたのに返事が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
こるくさんがブログ復活されて、ほんとうに嬉しかったです。
また、のんびり続けましょうね。
あーねえちゃんのしんどさ、ちょっぴり分かる気もします。心って器みたいなもので、人によってその大きさもまちまちで、しんどいことや我慢していることがいっぱいいっぱいになって、あふれてしまうと、もうどうしようもないんだよね。いっぱいになったストレスを少しずつ減らしていくしかないんだよね。今、その期間なんだよ。。。

あーねえちゃんはいっぱいいっぱいこるくさんに甘えたらいいと思うよ。私もそんな時期があったからとっても分かる。いくつになってもそんな時はあるよ。
こるくさんもあーねえちゃんもマイペースでOK、OK!!
私もマイペースでゆっくりゆっくり進みます。
[ 2008/11/13 23:47 ] [ 編集 ]
京女さんへ
コメントありがとうございます!遊びに来てくれてとっても嬉しいです。
なのに、こるくったら気がつくのがかなり遅くなってしまい…
申し訳ないです…

京女さんが話してくれた様に、とにかく ゆっくりマイペースでやって行こうと思います。
そうですね。きっと 心の器は人それぞれなんですよね。
我が子であるがゆえに たくましくなって欲しいと願ってしまうのですが、きっといつか そんな日が来る事を信じて見守っていくしかないです…。
[ 2008/11/23 02:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。